オリ&チャント 

さて。

アモフラスタジオ今月のダンサーのお勉強は、オリとチャントです♪

私も覚えなきゃならないものがたくさん。(涙

 

詠唱の事をハワイ語 でオリ(Oli )
英語でチャント(Chant)と言います。

文字を持たなかった古来ハワイ人が物事を伝承する為に育んだ口承文化です。

神に捧げる祈り、自然現象、農業や漁のやり方など生活の知恵まで

伝承だけで100年以上も伝えられてきました。

フラダンサーもレコーダーの役割でした。

 

クムがダンサーを踊らせるとき

ダンサー自ら唱えながら踊るのをチャントといいます。

カヒコを踊るときに唱えるものはオリ。

 

フラでは様々なときにみんなでオリを行う。

日常の様々な雑念を捨て、精神を統一する。フラに集中するため。
入室依頼のオリ(生徒)
入室許可のオリ(先生)
入室
精神統一のオリ
レッスン
感謝のオリ
退室

ここまできっちりやっている日本のハーラウは見かけたことがまだ、ない。

でもうちもみんながオリを覚えたら、だんだんとこのように本物を伝えて行きたいな。

オリを唱えると不思議と気持ちが落ち着き、集中できるから、私にとってやっぱりなんだか特別なもの。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP