ハワイの歴史

aloha

今日は歴史について少し。

かつては全てを口承されていたハワイアン。

なので書籍で残っているものは少なく、

いくつかの説として語り継がれています。

ハワイの先祖の多くは14〜15世紀ごろ、

タヒチから移住し始めたポリネシアンである
と言われています。

釘を一本も使わずに大きなカヌーを造り、

太陽や風、星の動きを頼りに

ハワイへとたどり着きました。

そして独自の文化をつくりあげていったのですが、

タヒチアンダンスとフラが似ているのはそういうことでしょうね。
古代の人々は、

雨や風を読み、波や川の流れを知り、

土地を愛する心から生まれた伝統やうた、

神話が数多く残っています。
古典フラのカヒコには、

神や自然、土地に祈る踊り

王族を讃える踊り

戦いの前の景気づけの踊り

などがあります。

カヒコを踊るには、

歴史や土地を知っておかないと理解して踊ることはできません。

途中、移民により封印されたハワイアン文化があったり

疫病で多くのハワイアンが亡くなったり

カラカウア王によって

ハワイアン文化が、外国人への宴として広まり始めたこと。
おおまかな流れは頭に入れておきたいですね。

本当は自分で調べてお勉強するものとして

私は言われてきましたが、

生徒からしたら、勉強しようと思ってもなかなか難しかったりするもので、

そのために、踊りだけでなく

時たまこのようなお勉強の時間を設けて、

一緒に学んでいこうと今後は思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP