情熱が厳しさになる

みんな燃えています♡

 

めらめら。

 

レッスンの前

早く来て自主練。

 

レッスンの後

遅くまで自主練。

 

今、全クラスの生徒が本気。

難しい曲っていうのもあるかもね♪

 

そして、ワタシは改めて気づいたこと。

 

 

上達したい人には

 

上達してほしいから

 

つい情熱的になってしまい、

 

 

やっぱり優しくなんかできません!!!笑

 

 

相手が本気であれば本気であるほど

 

ワタシは情熱で厳しくなってしまうし

 

それがワタシのスタイルであり、優しさなのです。

 

 

 

最初からできないのはわかっていて

 

それに対してとやかくは言いません。

 

 

 

 

 

ワタシが感じたのは

 

遠慮して厳しくハッキリと伝えられない自分にイライラしたのです。

もし相手が傷ついたら、、とか考えながら教えるという行為は

優しく教えるという行為は、、、

すんごいストレス!!を感じるのである。

 

だからもう、それがワタシ。

そう認めたのである。

優しいのがお好きな方は他のところへどうぞ♡

 

 

ワタシにとって本気で向き合うというのは厳しさなのであろう。

ワタシのお教室は火曜日の2時クラスとスポーツクラブを除いては

本格的に上達を目指すところ!

 

 

みんなを上達させたい。

 

 

本気な相手には本気で向き合う。

その人が上達しないと意味がない。

何をしにうちにきているのかわからなくなる。

 

これはあくまでもワタシの想い。

生徒は生徒のペースを守ればいいと思う。

 

ワタシの想いに翻弄される必要はないと思う。

 

 

そしてそんなワタシとは反対にアシスタントは

とっても調和を大事にする優しい人なのである♡

うん、これもバランスだと開き直るのである。

フォローはよろしく♡

アシスタントや大人な生徒さんは私の気持ちもきっと汲んでくれると

いつも信じているのである♡

 

自分の資質を認めるというのは大事。

無理してもうまくはいかない。

自分の資質を認めれば、相手のことも認められるものです。

なので

同じハーラウの中にどうも気に入らない人がいるという意見は

今まではひとつも許したことがない。

それは自分で自分のそのような部分を認められていないために

その相手を通して見えるのです。

 

だから、まずはあなた自身の整理が必要。

それが出来ない人は、

うちのお教室にいるべきではない。

きっと苦しくなるから。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP